ブラウザの基本設定を変更する

携帯電話を使ったWebサイト翻訳

通話をする時に利用できる携帯電話は便利で、仕事でもよく利用されている製品です。携帯電話はブラウザを使ってインターネットの情報を調べて、海外のニュースなどを知る事もできます。ただ海外のニュースは現地の言葉で書かれているため、日本人には上手く読めない場合も多いです。そういう時はブラウザの設定を変更して、自動で海外の言葉を翻訳してもらう方法もあります。設定の変更はブラウザによって変わりますが、それほど難しくなく短い時間で行えます。自動翻訳機能を利用すれば海外で起きた出来事の情報も、日本語で簡単に読めるようになるので便利です。ただ自動翻訳はそれほど正確ではなく、意味が分かりづらい場合もあるので注意がいります。

サイトを翻訳する時の対応

携帯電話は性能が高いものならば、ブラウザを使って情報などを集められます。よほど古いものでなければインターネットを使い、海外のサイトなどを見られるので便利です。日本国内のサイトは書かれている内容がすぐに分かりますが、海外のサイトの情報を調べるのは手間がかかります。現地の言葉が分かれば難しくありませんが、そうでなければ何らかの対策が必要になります。携帯電話で使えるブラウザには追加機能があって、上手く使うと自動翻訳ができるケースがあります。機能を追加する手続きをしなければいけませんが、サイトを表示した時に自動で翻訳してくれるので安心です。また携帯電話のアプリではサイトが表示された時に、自動で翻訳してくれる製品もあって便利です。